40代のハリがない肌を弾力肌にする3つの秘訣とは?

40代になると、20代、30代の頃にはなかったお肌の衰えを一気に感じるようになります。

特に気になるのは肌のハリ・弾力。どうしても加齢による衰えで、たるみやしわが目立ってきてしまいます。

しかし中には40代とは思えないほど、ふっくらハリのある肌をしている人もいますよね。

果たしてこういった人達はどのような美容法を実践しているのでしょうか?

 

うーさん
うさぎちゃんのお肌のお悩み第1段階:子育て一段落後! お肌のお悩み第2段階:40代に入ってから! 女子って大変だよねぇ(>ω<)

うさぎ
子育て後は、自分がお手入れしていなくて後悔したけど、40代に入るとそこに加齢と言う悲しい現実が付いてるからね・・・だけど、いつまでもキレイでいたいから頑張らなくちゃいけないよね♪

うーさん
うんうん♬ 今はいくつになっても素敵なオトナ女子がたくさんいるから、きちんと努力すればキレイになれる!結果が付いてくるから頑張りがいがあるよね!!

弾力肌にするための秘訣①スキンケア用品選び

秘訣①スキンケア用品選び

ではまずスキンケア用品選びから。しわやたるみが目立ってきてしまうのは、加齢による肌の保湿成分量が減ってきてしまうことが原因です。

保湿成分の減少は産まれたときから既に始まっており、年齢を重ねるごとにどんどん減少していきます。

単純に考えて20代の頃の肌の保湿成分量が80%あったとすると、40代ではその半分の40%まで減ってしまうとイメージをしてもらうと分かりやすいと思います。

ですから、スキンケアで特に大事なのが保湿をしっかりするということです。

保湿ときくと、保湿成分たっぷりの美容液やクリームなどの高価なスキンケア用品を使わなければいけないと考える人も多いと思いますが、1番大切なのは「自分に合ったスキンケア用品を使う」ということです。

同じ40代でも、肌の状態はみんな千差万別。肌の水分量が40%の人と20%の人で同じスキンケア用品を使っても、当然効果は全然違いますよね。

それにどんなに良質なスキンケア用品であっても、結局は自分に合わなければ意味がありません

「セラミドたっぷり配合」とうたわれている人気の高い商品であっても、全然お肌に合わない、むしろ肌荒れしてしまうなんていうこともよくありますし、逆に安価なものでも、相性抜群なものもあります。

ですから、使うスキンケア用品は配合成分だけに囚われず、自分のお肌に合うか合わないかを基準に選ぶことが最も大切です。

今はどこでも、安く試せるトライアルセットを設けているので、いろいろ試して、自分のお肌に合ったものを選びましょう。

弾力肌にするための秘訣②保湿を中心とした3つのスキンケア法

秘訣②保湿を中心とした3つのスキンケア

自分のお肌に合ったスキンケア用品を見つけることができたら、今度はスキンケア法です。実はこちらの方が重要なんです。

なぜなら、化粧水をはじめとする、美容液やクリームは付け方一つで、肌への浸透力が全然変わるから!

加齢によって失いかけているお肌の弾力を取り戻すためには、何より保湿することが大事なので、今回はお手持ちのスキンケア用品の保湿効果をぐんとアップするスキンケア法を3つ程ご紹介します。

3回重ね付け!ミルフィーユ保湿!

まず最初は、乳液と化粧水を重ね付けする、ミルフィーユスキンケア法です。乳液と化粧水をミルフィーユのように層にして重ね付けすることで、肌の保湿力がぐんとアップ!少々手間はかかりますが、その分ハリのある弾力肌を手に入れることができますよ!

① 乳液をつける
さっぱりタイプの乳液を500円玉くらい手に取り、顔全体に伸ばします。頬や額などは、中指と薬指の腹を、小鼻などの細かい部分は指先を使って丁寧に塗っていきます。

※こってりタイプの乳液はこの後付ける化粧水をはじいてしまうのでNG。

② 化粧水をなじませる
500円玉くらいの量の化粧水を両手に広げ、肌を押さえるようになじませます。肌をこするように伸ばすと、最初に付けた乳液の層をこわしてしまうので、必ず押さえてなじませるようにましょう。後は①と②を3回繰り返し、乳液と化粧水で6つの層を作ります。
※2回目以降の乳液は肌表面に伸ばさず、100円玉くらいの量を手に広げてから肌に押しこむように付けます。

③ クリームを塗って「ふた」をする
クリームを手の平に伸ばし、肌を押さえるようにしてなじませます。乳液を先に塗るケアは夜に行うのが効果的です。朝に行う時は、上に重ねるメイクが崩れないように、乳液+化粧水+クリームの3層にとどめましょう。

スチームクリームパック

続いては週に1回のスペシャル保湿ケア法です。高いパックを買わなくても、蒸しタオルとラップでできるお手軽パックです。

しかし効果の程は抜群!蒸しタオルで、血行やリンパの流れを促進させることで代謝が高まり、普通にパックするだけより潤い効果が断然アップ!

さらにラップで顔をおおうことで、クリームの成分がぐんぐん浸透します。このパックでもちもち弾力のある潤い肌を手に入れちゃいましょう!

【用意するもの】
・フェイスタオル
・食品用ラップ

【蒸しタオルの作り方】
フェイスタオルをおしぼりのように巻き、水に濡らして軽く絞ります。食品用ラップでタオルを包み、電子レンジで1分~1分30秒(出力600Wの場合)加熱します。
※やけどには十分注意して行ってください!

① 蒸しタオルで首を温める
洗顔をした後、蒸しタオルを首全体に巻き付けて1分程おきます。その後、化粧水を顔全体にたっぷり付けて水分補給をします。

② クリームをたっぷりのせる
地肌が見えないくらい、クリームをたっぷりのせます。安いものでも構わないので、とにかくたっぷり塗ることがポイントです。

③ ラップで肌をおおう
息苦しくならないように、ラップを鼻下と鼻上に分けて2枚貼ります。そのまま5分程おき、クリームの栄養分を閉じこめます。

④ 蒸しタオルを当てる
蒸しタオルを温め直してラップの上から当て、クリームの栄養分をさらに浸透させます。30秒程おいて熱が冷めてきたら、タオルとラップを取り、クリームは洗い流さずにタオルで優しく拭き取ります。

オイル美容パック

最後はオイル美容パックです。乾燥しやすい目元やたるみが目立つほおなど、特に気になる部分の集中ケア法です。オイルは肌の「細胞膜」の油分を補うとともに、潤いをしっかり閉じ込めて逃がしません。

オイルを浸透させるポイントは、入浴後や洗顔後の水分を含んだ肌に行うことです。ここではしわや乾燥が気になる部位別の付け方をご紹介します。

【ほお】油パック

① 油パックをつくる
水や化粧水で湿らせたコットンに500円玉大のオイルをたらし、指でもんで全体に行き渡らせます。こうすることで、水分とオイルが混ざって潤いの浸透力がアップします。
② ①のコットンを厚さ1/2にはがして2枚にし、両ほおに貼ります。その上に両手を当て、手の熱で血流を促し浸透を高めます。3分したらはがし、ほおに残ったオイルをなじませます。

【目元】プチ油

① 目の下に付ける
洗顔後、化粧水で肌に水分を含ませた状態で手の平にオイルを1滴出し、両手の指先に付けます。目の下をピアノを優しく弾くように、オイルをとんとんと付けます。

② 目頭と目尻に付ける
指をじゃんけんの「チョキ」の形にして、目頭と目尻に押し当てて指に残ったオイルを付けます。特に乾燥しやすい部分なので、押さえるように付けて浸透させます。

以上!3つが保湿力をアップさせるスキンケア法です。是非実践してみてください!

弾力肌にするための秘訣③タンパク質たっぷりの食事

秘訣③タンパク質たっぷりの食事

最後の秘訣は食事です。しわやたるみが気になり出してくると、どうしてもお肌のお手入れのケアに集中しがちですが、食事も弾力肌を保つ上で非常に大事です。

よく美容に良い食事として挙げられるのが、フルーツや食物繊維たっぷりのお野菜、美容サプリ、ドリンクなどですね。

しかし、ハリのある弾力肌に必要なのは、フルーツや野菜、サプリよりも、実はお肉や魚などのタンパク質なんです。

特に年齢を重ねると胃粘液の減少により、食欲が落ちます。そうすると益々タンパク質などのこってりしたものはなかなか食べられなくなってきます。

ですから、お肌が衰えてしまうのは加齢だけの問題ではなく、こういったタンパク質不足の食生活も大いに関係しているのです。

タンパク質は脂質が多くて太りやすいからと避けている人も多いと思いますが、むしろ年齢を重ねた人ほど摂取すべき栄養素なんです。

なぜなら私達の肌細胞も髪も筋肉もタンパク質でできているからです。そう、タンパク質を摂ることこそ、お肌の弾力を保つ上で必要不可欠なことだったんです。

ですからタンパク質を摂ることはとても大切。おすすめなのは、豚肉や牛肉の赤身。赤身は脂質が少なく、それでいてタンパク質豊富です。

特に豚肉には若返りビタミンとも呼ばれるビタミンBがたっぷり含まれており、肌細胞を元気にし、肌をみずみずしく保ってくれるので、積極的に摂るといいでしょう。

その他では、豆腐や納豆、佃煮、アジやカツオなどのお刺身、さばやさんまなどの缶詰、はんぺんやちくわなどの練り物、鮭フレークや魚肉ソーセージなどもタンパク質が豊富です。

タンパク質ときくとどうしても生のお肉やお魚しか思い浮かびませんが、上記であげたような加工食品からでも、十分摂取することはできます。

忙しくて時間がないという人でも、簡単に取り入れることができるのでおすすめですよ!

因みに、菓子パンやパスタなど、糖質が含まれるものは摂り過ぎると肌の老化を加速させてしまうので要注意です。

体内の余分な糖質が正常なタンパク質と結びつき、肌や筋肉、血管などの体中の組織の機能を低下させてしまいます。

つまり、日々糖質中心の食生活になってしまっている人は、それだけでお肌の年齢を加速させていることになります。

最も理想なのは糖質控えめ、タンパク質中心の食事にすること。このバランスの食事習慣を身に付ければ、お肌の弾力も見違えてくるはずです。

うさぎ
是非実践してみてくださいね!

まとめ

40代ハリがない肌を弾力肌にする秘訣まとめ

いかがでしたか?40代になってもお肌のハリを取り戻すためには、何より保湿が1番大事だということが分かったと思います。

そして肌の栄養素となるタンパク質を積極的に摂ること。その他にも睡眠を十分に取る、適度な運動をするなども勿論大切です。

これらを習慣化していって、加齢に負けない弾力のあるお肌を手にれましょう!

うーさん
努力はきちんと結果として表れるから、みんなもうさぎちゃんと一緒にがんばろうね♬



ABOUTこの記事をかいた人

ダンナさん・長男くん・長女ちゃん・次女ちゃん・ワンコ・ニャンコと一緒に生活しているアラフォー女子のうさぎです(о´∀`о)b とーっくに曲がったお肌をもとに戻す事が生きがい♪ 生きがいを感じすぎて、美容オタクになっちゃいました(〃∇〃)